株で失敗する人にはいくつかの典型的なパターンがあります。
それをいくつか見てみましょう。

いけない資金で取引してしまう

株式投資はあくまで余剰資金で行うべきです。
余剰資金とは、極端に言えばなくなっても困らないお金です。

もし使う予定があるお金を増やそうと思って投資を始めてしまうと、「なんとしても勝たなければならない」という焦りが生じ、非常に悪いメンタルとなります。

焦りは株価の読み間違いの原因となり、儲けを出す事が難しくなります。

利益確定できない

例えば株価3200円で買ったものが、3300円に値上がりをすれば、100円の儲けとなります。

100株の取引であれば、10000円の儲けです。

しかし、3300円に上がったときに「もう少し上がるだろう」と思って決済しなかったばかりに3280円に下がり、「また3300円台に戻るだろう」と思って値上がりを待つうちに、株価は3150円まで下がってしまう。

このように、利益が出ているうちに思い切った利益確定をすることが出来ない人は、株で儲ける事は難しいです。

損切りできない

例えば3200円で買った株が、3100円にまで下がりました。

このとき「また値が戻ってくるだろう」と思っている間に株価は3050円、3000円、2900円、2700円・・・と下がり続けた場合、最終的には取り返しのつかない損失が出てしまいます。

リーマンショックなどの世界同時株安のとき、「損切りできない」非常に多くに人が、泣きを見ることとなりました。

このように、損失が出たときに、早い段階で思い切った決済が出来る人でなれば、株で儲けて行く事は難しいです。