株投資の確定申告って、いくらから?

株取引をして儲けを出したときには、税金を納めなければなりません。

やっぱり、お金が絡むので【納税の義務】が発生してしまうんですね。
普通の貯金に対して利息が就いたときには、20%が課税されるように株で儲けた場合にも課税がされます。

税金をもっと安くしてより多くの人に株への参入を促せば、もっと日本の経済は活性化するのではないか?とも思うのですが、なかなかそうも行かないようです。

特に株だけにたいして課税されているというのではなく、所得に対してはたいていの場合課税されるので、仕方ないとことです。

株投資の税金の種類

株で儲けた場合の税金は2種類あります。
1)株取引で得た利益
2)株の配当で得た利益

利益の種類 税率
1)株取引で得た利益 20.315%
2)株の配当で得た利益 20.315%

 

1)株取引で得た利益の税率は利益に対して20.315%が取られるようになっています。

2013年12月31までは特別措置によって10%の課税となっていたのですが、2014年1月1日からは20.315%になったので、2013年以前から取引をしていた人は注意が必要です。

同様に、2)株の配当で得た利益に対しても、2013年3月31日までは10%に課税となっていましたが、2014年1月1日からは利益に対して20.315%になりました。

株投資と確定申告

株取引で得た利益にも、場合によっては確定申告する必要があります。

ただし、年収2000万円以下のサラリーマンの場合には、給与所得とそれ以外の所得の合計が20万円を超えない場合には、確定申告をしなくても大丈夫です。

取引されている証券会社の口座の設定で、「特定口座源泉あり」の場合はすでに税金分が引かれているので、20万円を越えても確定申告の義務はありません。

\特定口座で税金の心配なし!/

ツール訴求

 

「特定口座源泉なし」の場合で20万円を越えている場合は自分で確定申告をする必要があります。

 

そのほか、年間で損失を出してしまったときには、確定申告を出す必要はないのですが、逆に出す事によって、損失を翌年以降に最長で3年間繰り越し可能という「繰越控除」を受けることができます。

繰越を行っている3年間で利益を出たときには、損失と利益を相殺することによって、税金を安くすることが出来ます。

関連記事:株投資のリスクも知っておくべき
参考サイト:日本取引所グループ