私はもともと株に興味のない人間でした。
しかしあるとき、給料がとてつもなく減るかもしれない危機に遭遇し、副業を必死で探し始めました。
するとあちこちで「株で大金持ちなった」というブログが出てくるではありませんか。
がぜん株に興味が出ました。
投資本を読んだり、気になったブログの過去ログを読みまくるなどしました。
沢山の情報を仕入れるにつけ、楽して儲けられる投資方法などないとわかりました。
そこで株投資をバーチャルで行うことのできる「トレダビ」に登録し、1年ほど投資を体験しました。
はじめて含み益が出たときは嬉しかったですが、ほどなく2015年の中国バブル崩壊により、
大量の含み損を抱えました。
バーチャルとはいえ絶望していましたが、
そんな時でも銘柄分析や安値のチェックなどを怠らなかったら、年末には含み益が発生していました。
株取引でいちばん面白いのは、銘柄分析です。
色々な企業が様々な面白い事業をやっていることがわかるし、
事業の推移も全て公開されています。
日本、そして世界がどのように動いているのか、あの事業はどうやって儲けているのか、
企業の罠にかからないために私達はどう行動するべきか、すべて書かれています。
今年に入って中国発の暴落を機会に、少額の株取引を始めてみました。
安く買うという原則に忠実に従った所、すでにそれなりの含み益が出ています。
株取引は、まず体験してみることが重要です。大損をすることもあるでしょう。
どんな結果であろうと、自分の行動をよく反省し、
次に生かしていく経済的な精神を鍛えることができる、すばらしい経験です。