株式投資を始めるようになったのは、親が株式を保有していたことが始まりです。
かなりの羽振りが良かった時があって、
株をしないのはお金を腐らせているのと同じだと言われたことが衝撃でしたね。
株をしなくても良いので、口座を作ることをおススメすると言われて、
一応のつもりで株が出来る口座を作って見ました。
試しにお金を入れて株を買ったのがきっかけで、
値上がりしたり、値下がりしたりするのを見ていると、
これは面白いなと感じたのが一番始めの出来事だったんです。
それからは、自分から親に株と言うものを聞いていたのですが、
いろんな種類があることに気が付きましたね。
会社でも株をしている人がいると分かってからは、
仕事よりも株にのめりこむようになりました。
収支はマイナスかプラスが微妙なところですが、
少ない資金の中で配当を貰ったり、
デイトレをしてみたり、空売りをしてみたりと、
株で儲けることが出来そうなところに少しだけ足を入れたりもしています。
デイトレをしている人は、お金の感覚がなくなるので、
かなりの危険があると思われますが、
危険を冒してまで株をするのはやはりお金の魔力なのかもしれないと思います。
知り合いに株をしている人がいると、本当に株との距離がすごく縮まる気がします。
今は、スマホの中に株価を見るアプリが入っているので、
株に対する抵抗感が少なくなっているようです。
素人の方が危険に足を踏み入れないので、安全と言えますが、
株でもFXでもレバレッジを利かせるような買い方はしない方が良いと言えます。
自分の身の丈にあった投資をして、
資金がないのであれば株が出来ない状況で十分だと言えるでしょう。
失敗して借金をしてしまうようなことになると、
それほど危険なことはないでしょう。
株をするなら、安全な株で長期保有を目指して行きましょう。

スポンサーリンク