株式投資というのは、初心者には稼ぎづらいと言われています。
しかし、いきなりお金を稼ごうというよりは、
いかに損をせずに済ませるかというのがポイントでもあったりするわけです。
そういった時にオススメな投資方法の一つが立会外分売に参加することだと思います。
立会外分売というのは、その名の通り、その日の取引が終わった後に行われる取引です。
企業が株を売り出すのですが、株を放出するというのは株主の増加を狙ったりしているために起こります。
株主を増やすことができると、東証二部から東証一部への昇格を目指せるので、
企業としてはそういった時期に来ているということを示しているわけです。
つまりそれだけの力がある企業の状態ですから、企業が業績不振であることは少ないです。
ただ立会外分売は完全に抽選で買えるかどうかが決まるので運次第というところもあります。
その分買えなかった場合に損をすることはありません。
売り出しはディスカウント価格ですし、手数料がかからないのもメリットです。
余計な資金を使わずに企業の株を買うことができる絶好のチャンスです。
もちろん、その後株価が必ず上がるということはありませんが、下がることも少ないです。
少なくともディスカウント価格で販売されているため、
立会外分売で買えればそれだけで利益を出せる可能性があります。
買える株数に限りがあったりもしますが、初心者にも平等に買えるチャンスがあるので、
とにかくオススメの投資方法です。

スポンサーリンク