株投資を始める時は誰でも大儲けしたいと思って始めるでしょう。
中には株主優待や配当金がもらえればそれでよい、と思うような謙虚な人もいるかもしれませんか、株投資を始めて少しでも利益が出れば、自然ともっと増やしたいとも思うものです。

そうした欲が出てきたときに大事になってくるのが銘柄選びです。

長年株投資をしている人であればどれくらいが買い時なのか、今はどの銘柄が注目なのかもわかっていることも多いですが、
初心者であればまったくわからないことが当たり前なので、人に勧められるまま良いといわれる銘柄を購入してしまうこともあるでしょう。

ですが、株で成功した人であってもこれからの相場がどうなるのかは確実には読めないものですから、成功者が勧めた銘柄であっても損をしてしまうというのがあるものです。
ですから勧められた銘柄でも自分が好きな銘柄でなく特別な思いのない銘柄であれば大量に買わず、少しだけ買う程度にしましょう。

それよりも、まずは自分が好きな会社の株を買うということが一番です。好きな銘柄であれば株価が下がってもすぐに手放そうとは思わないものです。
自分の趣味、好み、イメージなどから好きな会社の銘柄を探してみましょう。

1つ、2つくらいであれば何も考えず手ごろな価格だということでなんとなく購入するような株があっても良いでしょう。
いろいろな銘柄を少しずつ購入することでこれから期待できそうな銘柄、下がっていきそうな銘柄というのも大体の予想をつけることができるようにもなるものです。

そして、株価が少し下がっただけなら、すぐに損切りしないことが大事です。
切羽詰まっていると感じる時は別ですが、堂々として株価と向き合うことも大事です。
少しはリスクを取ってでも付き合っていこうという気持ちも必要でしょう。

慣れてきたらお気に入りの期待できそうな銘柄を増やしていきましょう。
数を増やすことで利益も多くなりますが、その分リスクも増えるので、こうした複数買いは慣れてきたころに始めるのがおすすめです。